車の事故歴を確認する

事故車のチェック方法

車を個人売買で購入するときは、事故車かどうかのチェックも自分でしなければなりません。

中古車業界で定めている事故車の定義は、次の図を参考にしてください。
下図の網掛けの部部を修正している車が「事故車」となります。

事故車の定義
クッリクすると拡大します(別ウィンドーが開きます。)
 

しかし車のことをあまり知らない素人の方がこの事故車かどうかのチェックをすることは容易ではありません。

そんなときに利用していただきたいのが、「財団法人 日本自動車査定協会」です。

日本自動車査定協会のサイトへ

「車両状態確認証明」の発行

この日本自動車査定協会のサービスで、「車両状態確認証明」の発行というものがあります。

これはどういったサービスかと言いますと、その車をプロの査定士が検査をし、修復歴の有無や外装の状態をチェックしてくれるというものです。
つまりここで査定を依頼すると、その車が事故車かどうかの確認をしてくれるのです。

この日本自動車査定協会は全国に事業所があるので、あなたのお近くの事務所に連絡をとればOKです。

また査定をしてもらう時は、基本的車を日本自動車査定協会に持ち込まなければいけませんが、事業所によっては出張で査定をしてもらうことも可能です。

価格もそれほど高くありません。(車の排気量や車種によって違います。)
わずかの費用でプロの評価が得られるのであれば、ぜひ利用したいサービスですね。

車を売る人もこのサービスを利用しましょう。

実はこれは車を売る立場の人も大いに利用できるサービスです。

オークションなどに出品する前に、この日本自動車査定協会でチェックしてもらい、その確認証明を添付することで、購入者に安心感を与えることができまるのです。

つまりこの「車両状態確認証明」を添付しておくだけで、他の出品者と大いに差別化を図ることができます。

ぜひ覚えておいてください。

 

>>メーター巻き戻しのチェック方法へ






Copyright © 2006 . 車の個人売買サポート All rights reserved