車検証の確認項目

車の車検証をチェックするときのポイント

車検証とは 正式には、「自動車検査証」と呼び、 車の身分証明書のようま役割を果たしています。
車を購入する前に、必ず一度は車検証を確認するようにしましょう。
それでは車検証を確認するときの、車検証の見方やチェックポイントを説明します。

車検証の見方

1.自動車の登録ナンバー
いわゆるナンバープレートのことです。
車を管轄する陸運支局を表し、他にも、自動車の種類、用途別の分類番号、用途別の区分などが記載されています。
ひらがなが「わ」の文字はレンタカーを意味します。

2.登録年月日
その車が登録された日付が記載されています。

3.初度登録年月
その車を新車で登録した年月が記載されています。
通常車の年式というのはここで確認します。

4.自動車の種別
車の種類が、 軽、小型、普通、大型、小型・大型特殊などで分類されています。

5.用途
車の用途が、 乗用、貨物、乗合、特殊、貸渡、幼児専用、建設機械などで分類されています。

6.自家用・事業用の別
自家用、事業用の区別がしてあります。通常個人で使用する場合は、自家用です。

7.車体の形状
箱型、幌型 、キャブオーバー型などで分かれます。

8.車名
通常は「トヨタ」「ニッサン」などのメーカー名が記載されます。個々の車種名は出てきません。

9.乗車定員
その車が何人乗りかをあらわします。特にミニバン・1BOX車では同じ車種でも乗車定員が何種類かありますのであらかじめここで確認します。

10.最大積載量
乗用車には関係ありません。貨物車など該当する車はここに記載されます。

11.車両重量
車の重量が記載されています。重量税の算出にはこの重量を使います。

12. 車両総重量
車両重量に乗員者定員の総重量を合わせた重量が記載されています。
人1人あたり、55キロで計算されています。
貨物車の場合はこちらで重量税を計算します。

13.車台番号
各車1台1台に刻印されている車の固有の番号です。同じ番号の車はありません。

14.長さ・幅・高さ
車の大きさです。車庫証明を申請するときに、この数値を記載します。

15.型式
車種ごとに違う車型式の記載、またいつの排出ガス規制に適合しているかがわかります。

16.原動機の型式
エンジンの種類がわかります。

17.総排気量又は定格出力
エンジンの排気量が記載されています。 単位はリットルで表記されています。

18.燃料の種類
ガソリン・軽油・LPガスなどがあります。
軽油の場合は規制がありますので注意しましょう。

19.20.型式指定・類別区分番号
型式指定とは、国が自動車や部品を事前審査する制度のことです。新型車を販売する上でまずこの型式指定を取得します。
また類別番号により、ディーラーオプションなどの装備がある程度わかります。

21.所有者の氏名又は名称
その車の所有者の氏名が記載されています。
車の名義を変更するには、必ず所有者の実印と印鑑証明が必要になります。
注意して欲しいのは、ローンなどで車を購入した場合、この欄は車屋・信販会社の名前になっています。
この場合、「所有権解除」といって、所有者から名義変更に必要な書類を入手しなければなりません。

22.使用者の氏名又は名称
その車の使用者の氏名が記載されています。ローンで車を購入した場合などは、日常的にその車を使用している人です。
「***」と記載されている場合は、使用者が所有者と同じという意味です。

23.有効期間の満了する日
車検の満了する日です。

 

>>車個人売買サポートWEBトップへ




Copyright © 2006 . 車の個人売買サポート All rights reserved