車の受け渡し時の注意点

車とお金の受け渡しは同時に

さぁ、めでたく商談もまとまり、いよいよ車の受け渡しですね。
この車の受け渡しは、個人売買をする上で非常に重要な時です。
ミスのないように確実に行うようにしてください。

1.車とお金の受け渡しは同時に

基本的に、車(必要書類を含む)の引渡しとお金の清算とは同時に行います。
お金を支払ったときは領収書、車や書類を渡した場合は受け取り書にサインをもらいましょう。
特に書類などは、いざ名義変更をしにいったら書類が足りない!なんてことになった場合、最初からなかったのか、紛失したのがわからなくなります。
そのようなことにならないよう、 渡した書類の明細を記載して、何を渡したのかお互いに把握しておきましょうね。

2.車の状態をチェックする

車を受け取る人は、車の状態を最終チェックしてください。
車の 内装や外装関係、エンジンなどの状態をもう一度確認します。
スペアタイヤの有無や、ガラスの傷なども忘れずにチェックしてくださいね。

3.必要なものが揃っているかを確認する

その他の車に付随するものも一式受け取ります。
名義変更に必要な書類はもちろんですが、その他にも
○車の説明書
○点検記録簿
○ ナビゲーションのROM
○カーステレオなどのリモコン関係
○ スペアキー
なども一緒にもらいましょう。

個人売買の場合、基本的に保証などはありません。
お互いに気持ちよく取引をするためにも、気になる点や不具合部分などがある場合は、必ず受け取り時に確認しましょう。

 

>>車庫証明の申請方法へ

Copyright © 2006 . 車の個人売買サポート All rights reserved