車を個人売買で買うときの注意点

車の個人売買で上手に買うためには

車を安く購入したい、誰もが思うことですよね。
しかしいざ車を 個人売買で買おうと思っても、なかなか購入まで踏み切れない方も多いのでは無いでしょうか?
車の程度は大丈夫だろうか?、名義変更はちゃんとできるのだろうか?、など不安に思う点も多いと思います。
しかし外国では車の個人売買が一般的な国もあり、正しい知識を持って臨めば、一般のお店で買うよりもウンとお値打ちに購入できることも多いものです。

車を個人売買で購入する上で一番重要なのは、車と同様に販売している人を確認する必要があるということです。
購入前には実際に会い、車を確認すると同時に、その人についても確認をしましょう。
いい情報だけを伝える人でなく、悪い情報も教えてくれる人が信用できるのではないでしょうか?

また車に関しては、とにかく細かいところまでいろいろと聞いてください。
今までの整備状況、エンジンオイルはどのぐらいの周期で交換しているか、どのくらいの頻度で車に乗っているか、など、恥ずかしがらずにどんどん聞いてください。
またあなたが細かく聞くことを嫌がるような売り手であれば、思い切ってその人からは買わないという選択肢をとることも大切ですよ。

とにかく個人売買では、購入後に保証などはありません。
とにかく購入前にどれだけ情報を集めれるかがポイントです。
少しでも不安があれば購入はあきらめる、というくらいの姿勢で臨むのがいいでしょう。

 

>>車の販売価格をチェックへ

Copyright © 2006 . 車の個人売買サポート All rights reserved