車の個人売買の利点・注意点

車の個人売買は何ががいいのか

ヤフオクなどのオークションサイトの普及とともに、車を個人売買する方も増えてきています。

それでは車を個人売買すると、どんな利点があるのかを説明しましょう。

1.車を売る人は、高く売ることができる。

車を売却する方法として一般的なのは、その車を下取りや買取に出す方法でしょう。
下取りや買取に出された車は、その後中古車販売店の利益を乗せて、再販されることになります。
車を個人売買することで、中古車販売店を通すことがなく、直接取引することになりますので、中間マージン分が高く売れることになります。

2.車を買う人は、安く買うことができる。

車を売却する場合と同じ、中古車販売店の中間マージンを省くことで、通常より安く車を購入することができます。
また消費税がかかりませんので、さらに消費税分も安くなるのです。

3.掘り出し物が見つかる

個人売買で取引される車は、旧車や外車などの市場ではなかなか出回っていない、いわゆるマニア向けの車が出品されることがよくあります。
購入者はこれらの希少な車を見つけることができますし、また出品者は一般の販売店では安くなりがちな希少車も高く売ることができます。

車の個人売買の注意点

しかし、もちろんこのようにいいことばかりではありません。
車を個人で売買するということは、お店で売買するときとは違った注意点があります。

1.相手がわからない

一番の問題は、売買の相手がどんな人だかわからないということです。
きちんとお金を払ってくれるのか?、名義変更はしっかりと行ってくれるのか?などの心配点があります。

2.車の程度がわからない

車を購入するとき、車屋さんで買うのとは違い、その車の状態がなかなか判断できません。
事故車やメーター改ざん(巻き戻し)の問題など、自分で確認する必要があります。

3.トラブルになった時

車屋さんで売買する時は、何かトラブルがあった場合、業界団体や公正取引協議会などの相談機関があります。
しかし個人売買で何かトラブルが起こったときには、基本的に自分たちで解決しなければなりません。
そのためにも、約束事や契約をしっかりと行う必要があります。

 

>>車の個人売買の流れへ

Copyright © 2006 . 車の個人売買サポート All rights reserved