軽自動車の名義変更の手順

車の名義変更の方法 軽自動車編

それでは購入した軽自動車の名義を変更するための手続き方法を解説します。
軽自動車の名義を変更するのは、「軽自動車の記載事項変更」を行います。
これは 自動車を売買することによる譲渡や譲受があったときに、軽自動車検査協会で行う名義変更の手続きのことです。

【軽自動車の記載事項変更のながれ】

1.必要書類を集めます
  後で説明します。

2.必要書類を用意して軽自動車検査協会で記載事項変更をします。
  他都道府県からの移転登録の場合は、ナンバープレートを返却します。

3.申請の内容と書類に不備がなければ新しい自動車検査証が発行されます。
  同時に県税窓口(軽自動車検査協会の敷地内にあります)へ行き、税金の申告をします。
  軽自動車税には月割で税金を納める制度はありません。
  したがって名義変更の時には自動車税を納める必要ありません。
  他都道府県からの移転登録の場合は、新しいナンバープレートが交付されます。

4.保管場所届出(普通車でいう車庫証明にあたる手続きです)を提出します(必要地域の場合のみ)
  この保管場所届出は、名義変更の手続きが完了した後で行います。 

では、次に移転登録に必要な書類を掲載しておきます。

【軽自動車の移転登録に必要な書類】

・自動車検査証
・旧所有者の印鑑(代理人が申請するときは不要)
・委任状
・認印を捺印した委任状(本人が直接申請するときには不要)
・申請書(OCR シート専用2号様式)
・ナンバープレート(他都道府県からの変更の場合は、予め自動車から外しておきます)

*新所有者と新使用者が同一の場合は以下の書類も必要です
・住民票(発行後3ヶ月以内)
・印鑑(代理人が申請するときは不要)
・認印を捺印した委任状(本人が直接申請するときには不要)
・保管場所標章番号通知書(軽自動車の場合、必要な地域は限られています)

*新所有者と新使用者が異なる場合は以下の書類も必要です
・新所有者の印鑑(代理人が申請するときは不要)
・新所有者の認印を捺印した委任状(本人が直接申請するときには不要)
・新使用者の住民票(発行後3ヶ月以内)
・新使用者の印鑑(代理人が申請するときは不要)
・新使用者の認印を捺印した委任状(本人が直接申請するときには不要)
・新使用者の保管場所標章番号通知書(軽自動車の場合、必要な地域は限られています)

■新所有者と新使用者が同一の場合
・印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
・印鑑証明書と同じ印鑑(代理人が申請するときは不要)
・委任状(本人が直接申請するときには不要)
・自動車保管場所証明書(車庫証明のことです)

■新所有者と新使用者が異なる場合
・新所有者の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
・新所有者の印鑑証明書とおなじ印鑑(代理人が申請するときは不要)
・新所有者の実印を捺印した委任状(本人が直接申請するときには不要)
・新使用者の住所を証する書面(住民票)
・新使用者の印鑑(代理人が申請するときは不要)
・新使用者の認印を捺印した委任状(本人が直接申請するときには不要)
・新使用者の自動車保管場所証明書(車庫証明のことです)

最後に、普通自動車の移転登録に必要な費用についてまとめておきます。
特に税金については自動車毎にその金額が異なりますので、各都道府県県税事務所に問い合わせてみましょう。

【軽自動車の移転登録に必要な費用】

・登録手数料…500円
・ナンバープレート代金(番号の変更を伴うとき)…1440円〜1880円
・自動車税…自動車の排気量によって異なる
・自動車取得税…自動車の取得価格によって異なる

 

>>車・個人売買サポートWEBトップへ



Copyright © 2006 . 車の個人売買サポート All rights reserved