車庫証明の手続き方法

車庫証明の申請方法

車の名義変更をする上で、はじめに必ず車庫証明を申請しなければなりません。
車を購入予定の方は、まずは駐車場の確保をしてください。

車庫証明の申請は、駐車場のある地域の管轄の警察署で行います。
また自宅から駐車場までの距離が2キロ以内であることが条件になります。

それでは車庫証明の申請方法を、駐車場を借りている場合と自宅の車庫の場合とでご説明します。

駐車場を借りている時の場合の車庫証明申請方法

【必要書類】

1.自動車保管場所証明申請書(4枚綴り)
2.保管場所使用承諾証明書
3.所在図・配地図


【車庫証明の申請の流れ】

▽上記3つの書類を持って、管轄の警察署の交通課に行きます。

▽警察署で車庫証明申請用、保管場所標章用の証紙を購入します。
  この証紙は専用の証紙ですので、必ず警察署で購入してください。
(2500円〜3000円程度。金額は都道府県によって変わります。)

▽自動車保管場所証明申請書(4枚綴り)に購入した証紙を貼ります。
(貼りつける場所は窓口で指示されますので、自分で勝手に貼らないようにしてください。)

▽車庫証明の受付に書類を提出します。その時に受取日が記入してある紙をもらいます。
(提出から受取まで3日〜1週間ほどかかります。警察署によっては何もくれない場合もあります。)

▽出来上がりの日付を確認し、同じ場所に受取に行きます。
(警察署によっては受取時に認め印が必要な場合があります。)

駐車場がご自宅などの自己所有の土地の場合

1.自動車保管場所証明申請書
2.自認書
3.所在図・配地図

1.自動車保管場所証明申請書 と3.所在図・配地図 は駐車場を借りている時の場合と同じです。

「保管場所使用承諾証明書」の代わりに「自認書」を使います。

軽自動車の車庫証明について

普通車の車庫証明が申請手続きなのに対し、軽自動車の車庫証明は届出手続きとなります。

普通車の場合と大きく違うのは、軽自動車の車庫証明は登録後(ナンバー取得後)に車庫証明の手続きをすれば良いという事です。

また軽自動車の車庫証明は普通車と違い、一般的には申請するとその場で交付されます。

軽自動車の車庫証明にに必要な書類も、基本的には普通車の車庫証明申請と同じです。

 

>>普通車の名義変更手続きへ

Copyright © 2006 . 車の個人売買サポート All rights reserved