車を個人売買で売るときの注意点

車の個人売買で上手に売るためには

車を個人売買で売ろうと思っても、実はなかなか売れないという現実があります。

これは車という商品の性質上、購入者が車に安心、信頼を求めている、ということも理由に挙げられると思います。
個人売買の売り手側は、まずこの事を頭に入れておく必要があります。

そこで個人売買で車を売るには、まずは安心感をアピールする必要があります。
当たり前のようですが、実際にはこのことができていず、その車のセールスポイントのみを羅列している人が多いのです。

それでは車を購入する人は、一体どんな点を心配しているのでしょうか?

それは車の程度に関することと、名義変更などの手続きに関することの心配がほとんどなのです。

つまり逆に言いますと、この2点に関しての安心感をアピールすることで、あなたの車が売れる可能性は非常に高くなるのです。

それには、その車のセールスポイントばかりを述べるのではなく、不具合箇所も説明することが大切です。
また普段どのような乗り方をしていたか、また日常の点検をどのようにしていたかなども、購入者には気になるところでしょう。

手続きに関することでは、必要になる書類がすべて揃っていることを述べるとともに、その書類の写真を載せておくこともいいかもしれませんね。

つまりはあなたが車を購入する立場だったら、どのような情報を知りたいか、それをすべて公開することが大切なのです。

 

>>車の販売価格をチェックへ

Copyright © 2006 . 車の個人売買サポート All rights reserved